よくある質問

  • Q1.どんな野菜を栽培できるのですか。
  • Q2.共同区画とは何ですか
  • Q3.自分が栽培したい野菜の種や苗を持ち込んでもいいのですか。
  • Q4.どのくらいの頻度で農園に通う必要がありますか。
  • Q5.栽培講習会には必ず参加しなくてはなりませんか。
  • Q6.栽培講習会以外の日も、農園に行っていいのですか。
  • Q7.農園に行けない時の栽培管理は、農園でしてもらえるのですか。
  • Q8.小さい子どもに農業体験をさせたいのですが、参加させてもいいですか。
  • Q9.秦野市外に住んでいますが、利用できますか。
  • Q10.団体で申し込みたいのですが、団体のメンバーなら何人でも参加していいのですか。
  • よくある質問に対する回答

    どんな野菜を栽培できるのですか。
    基本的には、春夏と秋冬の2回に分けて、栽培する野菜を選びます。毎年ご要望などを参考に、少しずつ変更していく予定です。初年度の栽培予定作目は、春夏がナス、ピーマン、キュウリ、ズッキーニ、トマト、小松菜、チンゲンサイ、枝豆、。秋冬が春菊、ホウレンソウ、水菜、カブ、白菜、ブロッコリー、大根、キャベツ。通年が落花生、里芋を予定しています(変更する場合があります)。
    共同区画とは何ですか。
    共同区画は、利用者の皆さんが共同で栽培や収穫を楽しむ区画です。栽培期間や栽培面積の関係で、個人区画での栽培が難しい野菜を共同区画で栽培することで、より多くの種類の野菜の栽培を体験してもらおうというものです。初年度は、トウモロコシ、サツマイモ、ジャガイモ(秋)を予定しています。それぞれ収穫作業日を設定しますので、その日に参加された方を優先にお持ち帰りいただきます。
    自分が栽培したい野菜の種や苗を持ち込んでもいいのですか。
    農園が提示する作付計画にもとづいて、農園が提供する種と苗で栽培していただきます。一部であっても、自由な作付けや、種苗の持ち込みはできません。体験型農園は、農地を貸し付けるものではありません。貸し付けていない農地での利用者による自由な作付けは、法律的にも認められませんので、ご了解下さい。
    どのくらいの頻度で農園に通う必要がありますか。
    基本的には週に1回程度と考えて下さい。野菜の種類によっては、もっと頻繁に来園しないと、収穫のタイミングを逃してしまうかも知れません。一方で、それほど忙しくない時期もありますので、2週間に1回でも大丈夫な時もあります。
    栽培講習会には必ず参加しなくてはなりませんか。
    栽培講習会は、同じ内容のものを、少なくとも2回開催しますので、極力いずれかに参加するようお願いします。種や苗は、栽培講習会の時にお渡しします。特に大事な講習会や、参加者が少ない場合は、予備日での追加開催も検討します。それでも都合が合わずに参加できない場合はやむを得ないと思いますので、個別にフォローもします。
    栽培講習会以外の日も、農園に行っていいのですか。
    栽培講習会のない日も、個人区画の収穫や管理作業はいつでも自由ですので、お気軽にご来園下さい。そのほか、共同区画の作業や農園全体の作業について、予定を案内しますので、こちらにもぜひご参加下さい。あるいは、具体的な農作業が無くても、お気軽に来園して、農園を憩いの場としてお使い下さい。
    農園に行けない時の栽培管理は、農園でしてもらえるのですか。
    個人区画の栽培管理は、利用者が全て行います。利用者がしばらく来園していない場合も、原則として農園側が代行することはありません。利用者の方には責任も持って、個人区画の栽培管理をしていただきます。ただし例外として、台風などの被害で緊急を要する場合や、他の利用者に迷惑がかかる場合は、農園として必要な対応を取ります。
    小さい子どもに農業体験をさせたいのですが、参加させてもいいですか。
    小さいお子様も歓迎します。お子様にとって農とのふれあいは、心身ともに健全な成長を促すことと思います。ただし、保護者の方には、お子様の安全面や、他の利用者の方に迷惑をかけないよう、気をつけるようお願いします。
    秦野市外に住んでいますが、利用できますか。
    市外からのご利用も歓迎します。抽選の場合も、秦野市外の方が不利になるようなことはなく、公平な抽選をいたします。
    団体で申し込みたいのですが、団体のメンバーなら何人でも参加していいのですか。
    団体で申込みされる場合は、原則1区画10人までとさせていただいています。それ以上の参加者がいる場合は、複数区画を契約することをお願いしています。団体によって事情は様々だと思いますので、お気軽にご相談下さい。